ホーム>サラリーマンのための節税方法とは?

サラリーマンのための節税方法とは?

資産運用で節税!サラリーマンの一歩進んだ税金対策

毎月の収入から自動的に差し引かれているサラリーマンの税金。その金額を抑えるための節税ノウハウをまとめたページです。

当ページで特におすすめしているのは、財産を築きながら節税できる資産運用での税金対策

【資産運用で節税!サラリーマンの一歩進んだ税金対策】のカテゴリーでは、下記5つの資産運用方法のメリットやデメリット、節税効果などを解説しています。

●不動産投資  ●FX  ●株式投資  ●金投資  ●投資信託

【サラリーマンのもっと節税知恵袋】のカテゴリーでは、節税のために見直しておきたい下記の要素について解説しています。

●扶養控除  ●医療費控除  ●生命保険料控除  ●確定拠出年金  ●住宅ローン控除  ●雑損控除など

サラリーマンの節税のカギは「損益通算」

サラリーマンが節税を行ううえでポイントになるのは、「損益通算」と呼ばれる仕組みです。

損益通算は、本業以外に副業として個人事業を手がけているサラリーマンが活用できるもの。もし個人事業の収益が赤字になってしまった場合、その赤字ぶんの額を、本業の収入から差し引くことができます。

つまり、そのぶん収入額が減り、所得税を節税できるわけです。

ちなみに、個人事業といっても大げさに考える必要はなく、不動産投資や株式投資などの資産運用も個人事業ということにできます。

icon 最も節税効果が高いおすすめ資産運用法は? icon

個人事業が赤字だと節税できても大損では?

ここまで読んでいただいた方は、「個人事業で赤字を出したら、それで所得税を節税できても大損なのでは?」と疑問に思われているかもしれません。

普通に考えればその通りです。ですが、ここでもう一つのポイントである「必要経費で個人事業を赤字計上する」という要素が加わります。

例えば、個人事業で不動産投資を行っている場合、所有している物件の管理・維持費や修繕費などは経費として計上できます。

これらの経費を家賃収入よりも多く計上すれば、収入よりもかかった経費のほうが高くなるため、不動産投資の収入は赤字に計上できます。

このように、経費として認められる費用はすべて経費に転換し、個人事業の収益を赤字に計上するわけです。その結果、以下のような節税効果が得られます。

 損益通算していない場合

本業の収入がすべて所得税の課税対象に。

個人事業の赤字を損益通算した場合

(本業の収入)-(個人事業の赤字額)の金額が所得税の課税対象になるため、所得税額が下がる。

自宅を事務所登録して家賃を必要経費にしたり、パソコンやデジカメなどの備品代は領収書を取っておくなど、諸費用を経費に転換する知恵や工夫はいくつもあります。こうしたノウハウを学んでおくと、より効果的な節税が可能になるでしょう。

ページ上部へ