ホーム>1億円の投資・運用を成功させるには

1億円の投資・運用を成功させるには

1億円の資産運用で成功する人・しない人

1億円の資産運用で成功する人・しない人

このページは、1億円を効率よく運用するにはどうすればよいかをテーマに、正しい考え方や手堅い運用方法についてまとめています。

まず始めに、資産運用に成功する人・失敗する人の特徴について。
同じ1億円を元手に資産運用をスタートしても、成功する人とそうでない人がいます。両者の違いはどこにあるのでしょうか。それぞれの思考・行動パターンを比較してみました。

資産運用に成功する人・失敗する人

成功する人の思考・行動

成功する人の思考・行動
  • 様々な金融商品に分散投資をしている
  • リスクを恐れずに積極的に行動する
  • 長期的な視野で投資を考えている
  • 支出使途のあるお金は投資に回さない

失敗する人の思考・行動

失敗する人の思考・行動
  • 特定の金融商品一点に集中投資
  • リスクを恐れて何も行動しない
  • 短期的な利益を求めて投資をする
  • 全財産を投資に当てている

では、一つ一つ見ていきましょう。

まず、分散投資か集中投資かという点。
資産運用を成功させるための基本的な考え方は分散投資です。

例えば株式投資を一社の銘柄に絞って運用するとします。
株価が上がれば大きな利益を得ることができますが、下がれば損失が生じるだけでなく、最悪の場合は資産がゼロになってしまう可能性もあります。分散投資をすればこうしたリスクは回避することができます。できるだけ値動きの異なる投資先に分けることでお互いを補い合い、すべてがマイナスにならないようにするのです。

そして、リスクを恐れて何も行動しないというのも意外とありがちです。
投資にはリスクがつきものですから、すべて預貯金にしておけば安心というわけです。

しかし、インフレになって貨幣価値が下がれば、損をしてしまうのと同じです。重要なことはリスクをいかにコントロールするかということです。

リスクをコントロールするという点では、支出使途のあるお金は投資に使わないことも重要です。必要資金は確保しながら投資を行う余裕が、成功を招くのです。

そして、長期投資か短期投資かという点について。
これは、短期に利益を受け取るのではなく長期的な運用が重要になります。

投資を短期的にしかみていないと売り買いが激しくなり、不安定なだけで落ち着きません。資産運用は利率が高いほど、また運用期間が長いほど複利効果で雪だるま式に増えていくのです。

資産を分けて考え運用するのがベスト

資産を分けて考え運用するのがベスト

資産運用を始める際には、分散投資が基本となるということはすでに説明した通りです。分散投資をするには、手持ちの資金を分けて考えることが必要です。

あなたが数億円あるうちの1億円をすべて投資にまわせるのであれば、分散投資の必要はありません。しかし、将来的にその1億円のうちの何割かでも使う予定があるのなら、その分は必ず確保しておくべきです。

そして残ったお金を運用に回します。

資産運用方法には、不動産投資、株式投資、FX、投資信託など様々あります。

このうち、株式投資とFXは比較的短期間で積極的に売買を繰り返し、どちらかというとキャピタルゲインを目的としたハイリスク・ハイリターンの金融商品です。

投資信託は信託期間の短いものもありますが、だいたい5~10年くらいの期間で運用することを目的とした金融商品です。

不動産投資は、インフレに強い長期運用型の投資法と言えるでしょう。

各金融商品の性質を理解した上で、確保資金、長期運用、短期運用の3つに分けて資産管理を行えば、生活に困ることなく資産の運用ができます。

どのようなバランスで管理するかは、考え方により違ってきます。攻めの運用をしたいという人は短期運用の比率が高めになりますし、じっくり時間をかけて着実に運用したい人は、長期運用の比率を高く設定するとよいでしょう。

1億円の長期運用のポートフォリオに必ず組み込んでおきたいのが不動産投資です。不動産投資は物件を所有している間は、家賃収入というインカムゲインが継続して発生するという点で、他にはない特徴を持っているからです。

金は売却益のみで利息といったものがありませんし、為替変動の影響も受けますので意外と運用が難しいという側面があります。投資信託には収益分配金(インカムゲイン)がありますが、保証されたものではありません。

長期的な視点で安定した資産運用を考えるのであれば、様々な金融商品に分散しつつもミドルリスク・ロングリターンの不動産投資は外すことはできないものと言えるでしょう。

ページ上部へ